脱サラ、フリーランスでやりたいことを全部叶える。

2011年3月に脱サラし、独立。一度しかない人生、チャレンジし続けて生きることを決意した日々のあれこれ。

脱サラして感じたこと ①

こんばんは。


はてなブログ2回目は、2011年の3月に退職届を出し、4月に脱サラして感じたことを書きます。


これは、私が個人的に感じたことです。


個人の勝手な意見として見ていただけたらと思います。



まず最初に、会社を辞めて、迎えた初日に感じたのは、



「解放感」


「寂しさ」

でした。


幼稚園から、高校、大学、会社員と、社会のレールに乗ってきた自分にとって、そこから離れる感覚、ドロップアウトしてしまった感覚は、

みんなと違う選択をする

ということに対する寂しさや、不安が出てきました。


これは体験したことないと、中々味わえない感情かと思います。


同期や親にも起業する、と伝えていたので、あとで転職してサラリーマンになる道を絶ったわけで、

覚悟


という言葉が出てきました。


それと同時に、解放感もありました。


どこにいってもいい、何をしてもいい、誰といてもいい、


選択の自由が限りなく広がり、


自由を強く感じました。

一年間しかサラリーマン経験をしてませんが、

週5日、毎朝5:30に起き、終電か、21時22時に家に帰るライフスタイルだった自分には、

平日に何時に起きてもいい、


という自由だけでも、解放感が半端なかったです。


しかし、自由は、責任がつきもので、ニートになりたくて、やめたわけではありません。


やりたいこと、人生で成し遂げたいことがあり、そのための道として、脱サラを選んだわけです。


もう、正解なんてわからなくて、誰も教えてくれない。


会社に行けば、上司が仕事を教えてくれ、

学校に行けば、先生が勉強を教えてくれ、


家にいたら、こうしたらいいという一つの生き方を親は教えてくれました。


脱サラした自分は、誰にアドバイスを求めたらいいのかわからず。

今でこそ、脱サラして自分のやりたいことをやってる人は増えましたが、5年前は非常に少なく、フリーランスという生き方も少し耳にしてきたかなというくらい。


頭の中でやりたい事業や理想の生き方、生きる上でのミッションはあるけれど、どんな風に生きてこうか、具体的には決まっておらず。

なので、沢山の人に会い(多いときは月100人以上)、自己探求をとことんして、


「自分がどうしていきたいか?」

という明確な軸を固めてきました。


やりたいことがわからない、過去の自分がいましたが、


今では、やりたいことがわからない、という人がわからない、

自分になっています。

やりたいことの見つけ方や、自分に会った生き方、

などは、これから書いてきます。多分。

一つだけ言うとしたら、圧倒的にインプットが足りない、また経験、つまりチャレンジが少ない人が、やりたいことがわからないんだろうなと思います。
過去の自分はそうでした。

長くなりそうなのでまとめると、脱サラして、本当に良かったと、心から思います。
悩みまくったし、不安で心いっぱいになったときもありましたが。


会社員時代も会社は好きだったし、丸の内の職場環境も良かったし、先輩も尊敬出来たし、同期も仲良かったし、給料も同年代より多くもらっていました。

でも辞めたのは、人生を後悔したくなかったから。

やりたいことが心にあるのに、いまやらないなら、ずっとやらないなと。

また、自分を使ってどれだけ社会に、人に役立てられるかを試してみたかった。

一度しかない人生で、いつ終わるかなんて誰もわからないから、


悔いなく思いっきりチャレンジする。

失敗してもいいから、選んだ道を正解にしてく生き方のほうがかっこいいと思えたので、やめました。

口だけはかっこ悪いから。

これからも新しいことに、どんどんチャレンジしてこうと思います。

お読みいただきありがとうございました。

2回目、おしまい。