脱サラ、独立でやりたいことを全部叶える。

2011年3月に脱サラし、独立。一度しかない人生、チャレンジし続けて生きることを決意した日々のあれこれ。

自分だけの道を歩む勇気

こんばんは。

 

新年初投稿になります。

 

今年は、変化よりも、「進化」する、特別な一年にしたいなぁと思ってます。

 

年末年始でゆっくりした時間を過ごし、自分と沢山向き合い、色々整理をしていました。

 

いままで、沢山得れたこともありましたし、沢山失ったこともあったなぁと。

 

今は、過去全てオール善で、すべて良かったなぁと感じますが、「過去のやり方」すべてが良かったわけではないことを振り返りわかりました。

 

 

変化ではなく、「進化」するためには、過去の成功パターンの繰り返しではダメで、

良い意味で、過去の成功パターンを「捨てる」覚悟を持ち、新たなやり方を試すことも必要なのだなと感じます。

 

そういった意味でも、人と関わる時にも、新しい関わり方をすることで、とても新鮮になります。

 

うまくいくと、人はつい過去の成功パターンを繰り返してしまいますが、それではある程度の成長や成果は見込めますが、想像以上の成果にはならない気がします。

 

「進化」するためには、沢山手放すことが大切になってくるのだなと思います。

 

特に「やらなきゃいけない」という「義務感」を手放すことがとても難しかったですが、今は少しずつ少しずつ手放し、また「完璧主義」も手放し、8割でOKとしています。

 

また、「役割」を意識しすぎたために、組織に入ると個性を失うことがありましたが、今年からはその感覚を手放し、「自分がどうすれば心地よく、自分らしい場所で輝けるのか」を探して見つけていってます。

 

さらに、「人のプロデュース」にも力をいれていき、その方がどのようなマインドで、どのような行動をしてき、どのような強みを発揮すれば輝けるのか、をより一層考え、フォーカスしていこうと思います。

 

沢山、実験中でとてもとても面白いです。

 

 

自分の心が満たされない限り、他者を満たすことはできない、という当たり前の原点に立ち返り、自分に今年はしっかりとフォーカスし、自分の心を大切に大切に扱っていこうと思います。

 

悪い意味で蔑ろにしていたのが、自分自身のことだったなぁと思うので、今年は背伸びせずにありのままの自分で進んでいこうと思います。

 

それは、何もしない、ということではなく、例年以上に、新しいことにチャレンジすることを意味してるので、忙しなくもなるかもしれませんが、とても楽しみです。

 

 

誰かの後を追うのではなく、分岐点に差し掛かったときに、自分らしい道を選ぶ勇気。

これが大事だと思います。

 

今年はちょうどその分岐点。

 

先輩の道を歩むのか、それとも、まだ未知の道を開拓していくのか。

 

前者は楽で、後者の方が大変。

 

誤解もこれから増えてくるかもしれない。

 

だけれども、誰も歩んでない道を、歩もうと思います。

 

うまくいかなければ、自己責任。

 

覚悟はできてる。

 

自分の心が指し示す、自分だけの道をこれからはもっと大胆に歩んでいきます。f:id:satopsaku:20190109131803j:image