脱サラ、独立でやりたいことを全部叶える。

2011年3月に脱サラし、独立。一度しかない人生、チャレンジし続けて生きることを決意した日々のあれこれ。

やりたいことを見つけること。

やりたいことがわからない、という人の悩みを沢山聞きます。

 

 

何に向いてるのか、何をしたいのか、

わからない。

 

 

今の自分の結論としては、圧倒的な「経験不足」だろうと思います。

 

 

経験値が少ないため、まだ出逢ってないのだと思う。

 

 

ポン、とすぐ見つかることでもないし、

一つのことだけやれば見えてくるものでもない。

 

 

色んなことを経験し、沢山の人に出会い、自分と向き合い、その中で自分の長所や向いてることを導きだせるのだと思います。

 

 

私のやりたいことは、「人の想いを集め、カタチにするためのプロデュースをすること」です。

 

 

私がなにかをしたいわけではなく、したい人のサポートをすること。

 

私がなにかを伝えたいわけではなく、伝えたい人の声を多くの人に届けること。

 

私が主役でなにかをするのではなく、主役が活躍できる場をつくること。

 

 

これを、私は「プロデュース」という言葉で一括りし、事業として行ってます。

 

関わる業者や組織は多岐に渡れど、メインで輝く人を見つけ、光を当て、サポートしていくのがベースです。

 

 

どんな仕事をしてもこれからもスタンスは変わらないだろうと思います。

 

 

そこに楽しみを見つけ、そこに自分の個性が発揮されてるのが、やりながらわかってきました。

 

 

自分が何かをしたいのがなければ、何かをしたい人をサポートしてあげたらいい。

 

 

陰陽が世の中には必ずある。

 

陽の部分をつくるために、隠は必要不可欠。

 

逆もまた然り。

 

陽になりたがる人ばかりでは、成り立たない。

 

そちらになりたがる人がほとんどだから、うまくいってない人が多いのでは、と思う。

 

 

タレント集団のチームで個性だらけだと、チームがまとまらない。

 

やりたいことがない、ということで悩むこと自体、もうやめた方がいい。

 

あなたには現時点でやりたいことはないのだから。

 

 

やりたい人は、勝手にやりはじめてる。

 

 

そんな人を羨む時間があるのなら、そういう人をサポートしていったらいいと思います。

 

 

主役が全て、ではないと僕は思ってます。

 

自分が、自分らしく、自分の個性や強みが発揮できてたらいいのだと。

 

ただ、それをわからないと悩んでるのは、チャレンジの量、経験の量が少ないから。

 

 

経験すれば自ずと見えてきます。

 

 

自分を活かすもころすも自分次第。

 

どんな輝き方で、あなたは輝きますか?