脱サラ、独立でやりたいことを全部叶える。

2011年3月に脱サラし、独立。一度しかない人生、チャレンジし続けて生きることを決意した日々のあれこれ。

今を100%で生きること。

「明日死ぬとしたら、生き方が変わるんですか?  あなたの今の生き方は、どれくらい生きるつもりの生き方なんですか?」

出典:「終末のフール」




こんばんは。


伊坂さんの小説は大好きで、ストーリーももちろんですが、名言が散りばめられていて、人生において勉強になることが非常に多いです。


100%で生きる。

言葉にすると、簡単ですが、本当にそう生きてる人はどれくらいいるのでしょうか?


なんとなく仕事をして、なんとなくいきてる人はどれくらいいるのでしょう。


100%で生きるのは簡単なようで、難しいです。


元気なときだけでなく、体調が悪いときもあるし、落ち込む日もある。


尊敬する経営者に、「日々是好日」という言葉を教えてもらいました。


「日々是好日」は、どんな日でも毎日は新鮮で最高にいい日だという意味です。
 
 むかつく日も悲しい日も、雨の日も風の日も、その時のその感情や状態を大いに味わって過ごせば、
かけがえのない日になる。
新鮮な気持ちで目覚めたら、雨を楽しもう、寒さも味わおう。 


という意味であることを教わり、とても感銘を受けました。


とっても大切な考え方だなぁと。


経営コンサルティング会社の船井幸雄さんは、世の中の出来事は、必要、必然、ベストなことしか起こらない、と言ってます。


悔いなく生きる、それは誰しもが思うことだと思いますが、悔いなく生きる方法は一つだけ。


目の前の出来事、環境、人と100%で全力で向き合うこと。


うまくいかないと、言い訳に逃げる人がとてもとても多い気がします。


原因は自分です。


やらない言い訳より、やる理由を。


足を止める言い訳よりも、進む理由を。


悔いなく生きる方法。

それは、全力で今目の前のあることに挑むこと。


逃げるのは簡単かもしれません。


ただ、逃げてばかりの人生は、何も実りません。


人生の目の前のことに、向き合ったとき、自分らしい道が拓けてきます。

明日、自分の人生が終わっても悔いないように生きると決意した、2011/3/11。

今でも僕はそういう想いで生きてます。


うまく行こうがうまくいかなかろうが、決めたことは最後までやり続ける。


継続は力なり。


沢山のことを叶えさせてもらい、感謝です。


いままでも、これからも、自分らしくチャレンジしてきます。