脱サラ、フリーランスでやりたいことを全部叶える。

2011年3月に脱サラし、独立。一度しかない人生、チャレンジし続けて生きることを決意した日々のあれこれ。

終わりを意識する人生を、生きることの大切さ

こんにちは。

 

 

先週、仕事で名古屋に行き、超偶然にも、高校のサッカー部の友人と名古屋駅の地下のお店でバッタリ。

 

 

先月は、名古屋にて、カフェの元アルバイトの女の子と改札でバッタリ会い、

 

 

先日は、高校のサッカー部の恩師に最寄駅でバッタリ。

 

 

シンクロがおきまくっていて、かなり流れがきております。



偶然なる一致が続くと、次元上昇の入口となると学びました。

 

 

今月と来月で来年一年の超拡大期のベクトルを大きく上向きに変える準備をします。

 

 

さて、本題です。

 

 

あなたの人生は、あと、どれくらいでしょうか?

 

 

10年?

 

 

30年?

 

 

50年?

 

 

100年?

 

 

答えは、誰もわからないと思います。

 

 

ただ、「どんな意識で生きるのか」は自分で決めれます。

 

 

僕は、明日死んでも後悔しない人生を生きようと、脱サラするとき決めました。

 

なので、完全に生き急いでます。苦笑

 

カフェ、映画、イベント、カウンセリング、セミナー講師、海外での仕事、コーチング、プロデュース業、などなど。

 

20代でやりたいことは全部叶えてこうと思い、人の何十倍も加速度的に色んな体験をさせてもらいました。

 

 

どうやって、願望実現してきたかは、今回はおいておきますが。

 

 

「どんな意識で生きてるのか?」

 

それが、とてもとても大切なことです。


しかし、日々の忙しさに忘れてしまうことでもあります。

 

 

明日、命が終わるとして、後悔しないか?

 

その問いかけに、NOが続くのならば、何かを変える必要があります。

 

 

何か、とは、例えば、出逢う人です。

 

 

人は人によって変わります。

 

実際に会うのが一番ですが、会えなくても、本を読むことは、人の考えに出逢うことになります。

 

私も沢山の本を読むことにより、様々な考え方に出逢いました。

 

 私はサラリーマン時代、今のままだ嫌と思い、会社や友人以外のコミュニティを求めました。


それが、ごみ拾いをしてるNPO団体で、このときの出逢いがなければ、僕は脱サラしてません。



「変える」をしなければ、人生は変わらないのに、



ほとんどの人は、「変わりたい」と言葉では話しますが、


「変わるための行動」は極端に嫌がります。



ホメオスタシスのせいですが、そこに気づかず、自分でつくった心の枠にはまり続けます。

 


個人セッションやカウンセリングをする中で、実際に人生を変える人と、変えずに変わらない選択をする人がいます。


違いはなんだろうな?と考察したら、


シンプルな答え、



「覚悟の違い」だなぁと思います。



何か新しいことを本気でやるには今の何かを捨てる必要があります。



そう、捨てる覚悟が必要なのです。



あれもこれも、はできません。



何かを選ぶということは、何かを選ばない、ということ。


2013年は5つの事業を行ってましたが、

2014年は、2つの事業に絞り、

2015年は、前年の事業を一つ捨て、カフェに絞りました。


夢を叶える、という道は甘い道ではありません。


簡単に夢が叶うのならば、多くの人が叶えていて、「夢アレルギー」みたいな人が出ないはずです。


夢という言葉を聞くだけで、持つもんじゃない、なんて人もいます。


それは、諦めてきた大半の人がいるから、です。


僕のミッションは、諦めかけてる夢を拾い上げ、叶える道を一緒に創ること、です。



だからこそ、プロデュース業という名のもとに、沢山のジャンルの方と仕事をさせてもらってます。



0から1を創る力が、僕の最大の強みです。



そして、プロジェクトや仕事に情熱を注ぎ込めることができます。



だからこそ、僕は一緒に仕事をする人を選ぶし、仕事自体も選びます。



人生を懸けて、取り組む価値がある仕事かどうか、


大切な人生の時間を一緒に過ごしたいと心から思うか。



一度しかない人生ですから、とことんこだわります。



何となくでしか付き合わない人、何となくでしか仕事をしないのならば、僕は組みません。



人生とは、一つの物語であると、どなたがが言ってました。



僕もそう思います。



佐藤陽介という人生を、どれだけ輝かせることができるか。



そして、自分だけでなく、自分の周りを輝かせる人間になれるかどうか。


そのチャレンジが、僕の人生です。


ELSOLという屋号で僕は個人事業主をしてます。


ELSOLとは、スペイン語で太陽の意味。



これからも、沢山の方の魅力や可能性を輝かせられるように。



自分の人生と関わる人の人生と、真剣に向き合っていきたいと思います。